「タバコ休憩で集中力アップ」の真実

仕事の合間に設けられている休憩時間。この時間を使ってタバコを一服するという方がしばしば見られます。最近はオフィスも禁煙化や分煙が進んでおり、仕事中には我慢しなければなりません。
仕事中に溜め込んだ「吸いたい」という欲求を休憩時間に晴らすことはストレス解消になり、集中力や記憶力など脳のパフォーマンスを高めてくれるという説もあるようです。ストレスが脳の敵であることを踏まえると一理あるようにも思えますが……実はそうでもありません。

「タバコは集中力を高める」のウソ

まず、タバコに脳の力を高める効果はありません。むしろタバコはかつて手術の際に麻酔として使われていたように、神経や脳の働きをゆるやかにして、刺激などへの反応を鈍らせる効果があります。脳のパフォーマンスを高めるどころか、一時的に鈍麻させてしまうものなのです。
それでも「タバコを吸うと頭がスッキリする」という主張は確かに存在します。しかしこういった意見が挙がる理由については、以下の2つの点から説明可能です。
1つはタバコを吸うと神経物質アセチルコリンが分泌されること。この物質には集中力を高める効果があるのですが、喫煙にはアセチルコリンを大量に分泌させる働きがあります。そのため、喫煙によって一時的に集中力を高めることができるのです。
これだけなら良いのですが、しかしこのアセチルコリンの分泌には副作用があります。実はタバコに含まれる成分であるニコチンはアセチルコリンの受容体にくっついて、アセチルコリンの受容を妨害してしまう作用があるのです。すると分泌されたアセチルコリンが余ってしまい、それらを全部受容するために脳はアセチルコリンの受容体を増加させます。こうなってしまうと、タバコを吸っておらず、アセチルコリンが大量分泌されていない時には受容体の数に対してアセチルコリンそのものの量が圧倒的に少ない状態になります。最終的にはアセチルコリンの受容がうまくいかなくなり、脳が「タバコを吸うと集中力が増す」のではなく「タバコを吸わないと集中できない」という構造に作り変えられてしまうのです。
タバコが脳の力を高めるように錯覚させる2つめの理由は、前述の通り喫煙によってストレスが解消されることです。しかし、冷静に考えてみると、喫煙によって解消されるストレスは、元々タバコが吸えなかったことによって溜まったもの。そもそもタバコを吸う習慣がなければストレスも生じなかったはずなのです。
タバコが脳のパフォーマンスをより高くに引き上げているのではなく、タバコが吸えないストレスで低下していた脳のパフォーマンスが元に戻っただけのことです。

タバコは記憶力を奪う!

タバコが集中力を高めるという説はほぼウソと言っていい状態なのですが、さらにタバコが脳の記憶力を奪うという実験結果が出ています。
英国のノーサンブリア大学で行われた実験の結果によると、喫煙者はタバコを吸っていない人に比べて記憶力テストの結果が悪く、なんと記憶力の3分の1が失われていたそうです。ただしあまりにも長年の喫煙習慣でない限りは、禁煙したまま生活することで失われた記憶力を取り戻すことが可能です。
もしもあなたが記憶力を高めたいと思っている喫煙者であるなら、少しずつでも禁煙する方向に意識を向けていったほうが良いかもしれません。

Copyright© 2014 c-pan.net All Rights Reserved.