消し去りたいほど恥ずかしいセックスでの失敗の記憶

"猿も木から落ちる"という諺の通り、人間誰でも失敗をしてしまうことがあります。仕事やアルバイトでの失敗はもちろん、時には性行為の最中の失敗もあるでしょう。

セックスでの失敗は、他のどのような失敗の記憶よりも印象に残りやすいものです。人間は、ネガティブな記憶ほどよく覚えてしまう生き物。消し去りたいくらい恥ずかしいセックスの記憶は、どうしても頭に残ってしまいますよね。このような性行為での失敗の記憶について、考えてみましょう。

どうして勃たないんだろう? 性行為での大失敗!

ここぞという時に「どうして勃たないんだろう?」と冷や汗をかくような経験をした男性は、少なくないのではないでしょうか。妻や彼女といった大切なパートナーとの性行為で勃起できなかったという失敗は、同性にも相談しにくいため、悩みの種になりやすいですよね。

このような性行為での失敗は、自分だけの問題ではありません。パートナーの女性から「私に魅力がないの?」と詰め寄られたり、「どうして勃たないの?」と責められたりと、その後も気苦労が絶えないことでしょう。

失敗の記憶がEDにつながる

たった一度の性行為での失敗の記憶が、その後に影響してしまうケースは数多くあります。以前に勃起できなかった時の光景がフラッシュバックしてしまい、それ以降のセックスでも同じように勃起できなくなってしまうことは、珍しくありません。

このように、失敗の記憶が引き金となって起こる勃起不全の症状は「心的ED」と呼ばれます。EDと聞くと、年配の男性の悩みというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。ところが、加齢とともに勃起しにくくなるケースは「器質的ED」というもので、これとは異なります。心の問題で勃起できなくなる心的EDは若い男性でも十分に起こり得る症状なのです。

セックスの失敗によるEDは、クリニックで医師に相談しよう!

もしもこのようなEDの症状に自覚があるのであれば、専門の医師に相談しましょう。男性専門クリニックを受診すれば、EDの治療に精通したプロの知識に基づいた治療を受けることができます。勃起について他人に相談するのは、初めはハードルが高く感じるかもしれません。しかし、男性専門クリニックはこれまで数えきれないほどたくさんの男性を治療してきた経験の持ち主ですから、何も気にする必要はありません。

EDの治療は、ほとんどのケースで服薬による改善がみられます。特に、セックスでの失敗が原因の心的EDでは、薬による治療がメインとなります。したがって、受診に際して診察室で性器を見せるようなことはありませんから、ご安心ください。

ED治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスといった3つの種類から選ぶことができます。これらの薬は、効き方や効くまでのスピードにそれぞれ違いがありますから、実際に医師としながらあなたにもっとも合うものを処方してもらいましょう。

セックスでの失敗は、誰にでも起こり得るもの。しかし、恥ずかしい失敗の記憶が引き金となって、EDの症状を起こすケースがありますからお気をつけください。もしもEDかもしれないと感じたら、速やかに男性専門クリニックを受診しましょう。信頼できる医師に相談をして治療薬を服用すれば、あっさりお悩み解決できるかもしれません。

Copyright© 2014 c-pan.net All Rights Reserved.