においと記憶の関係を利用した恋愛テクニック

過去の恋人がいつもつけている香水のにおいが、忘れられなくなることはありませんか。また、春のあたたかい日に散歩をしていると、においで小学生の入学式を思い出す、ということもあるかもしれません。においは、記憶とどのような関わりがあるのでしょうか。においと記憶の関係について考えてみましょう。

名作文学から読み解く! においと記憶の関係

あるにおいをもとに記憶が思い出されるというのは、誰にでも経験があるでしょう。マルセル・プルーストの名作小説『失われた時を求めて』では、このようなにおいと記憶の関係を示唆するような描写があります。この作品中には、主人公が紅茶にマドレーヌを浸した瞬間に立ち上がったにおいによって、幼少期の記憶をよみがえらせるシーンがあります。この小説になぞらえて、においによって記憶がよみがえることを「プルースト効果」と呼びます。

それでは、どうしてにおいによって記憶を思い出しやすくなるのでしょう。嗅覚・味覚・視覚・触覚といった人間の感覚には、それぞれ刺激の伝達ルートが異なります。中でも嗅覚は、嗅神経という道筋を通って、大脳辺縁系へ直接情報を送っているのです。大脳辺縁系とは、脳の中でも感情を司っている部分。においと感情は、脳の中の同じ場所で処理がなされているために、結びついて想起されやすいとされています。

前述の『失われた時を求めて』の有名なシーンは、科学的に裏付けのあるものでした。においがきっかけで何かを思い出すのには、このような根拠があったのです。

においを恋愛に利用してみよう!

においと記憶の関係を恋愛に利用すれば、あなたも気になる異性の"忘れられない男""忘れられない女"になれるかもしれません。

気になる相手にアプローチするとき、あなたはまずどこに力を入れますか。おそらく、初めてのデートなどで相手に自分の存在を印象づけるために、見た目に力を入れる人が多いのではないでしょうか。もちろん、合った瞬間に目に入るルックスは重要ですが、さらに差をつけたいのであれば、においにも手を抜かずにおきましょう。実は、においは見た目以上に記憶に残りやすいのです。会うたびに同じ香水をつけておけば、相手は知らぬ間にあなたのにおいを覚えてくれるでしょう。

また、長年お付き合いしている恋人がいる人は、相手とは違う香りを身にまとうようにすると、マンネリ化を防ぐことができます。特に、いつも同じ空間で過ごす同棲している相手とは、洋服の香りやシャンプーの香りが同じになるのも珍しくありません。しかし、人間は本能的に、自分と違うにおいがする異性にドキドキしやすいもの。嗅覚に刺激がないと、相手は自分のにおいに安心しきって、家族のような関係になってしまうこともあるのです。付き合ったばかりのドキドキ感を楽しみたいなら、相手と違う香水やシャンプーを使って、自分を異性として魅せられるといいですね。

人がにおいによって記憶をよみがえらせることを「プルースト効果」と呼びます。これを上手に使えば、恋愛に有利にはたらかせることも可能です。あなたもにおいと記憶の関係を利用して素敵な恋をお楽しみください。

Copyright© 2014 c-pan.net All Rights Reserved.