脳には刺激が必要です

記憶力を鍛えてもの忘れを防止するために欠かせないのが脳への刺激です。他のページでも運動による刺激などについて話していますが、記憶力のために脳を刺激する方法として他にどのようなものがあるのかを見て行きます。

通勤や散歩時のルートを工夫する

人間はいつも同じことをしていると刺激を感じなくなる生き物です。通勤ルートや散歩のコースも毎日同じ道だと、なんの感動もなく刺激も感じなくなるでしょう。通るコースを変えてやるだけで新たな環境が刺激をもたらしてくれます。

くつろぎタイムにも脳を刺激する

仕事中は他のことをやるわけにはいきませんので、職務の中で与えられる刺激に期待するしかありません。そこで重要になってくるのは自分の時間にいかに脳を刺激するかです。夜の自由時間はのんびりとくつろいでいたいものですが、少しの時間で構いませんので脳への刺激を意識して過ごしましょう。

たとえば、寝転がってテレビを見ているときにも脳を刺激してみます。そのためには、漠然と画面を眺めるのではなく、内容をしっかりと追いかけるのです。
見ている番組がニュースであれば、事件の背景を想像してみるとか、その影響を考えてみるとかするだけで脳には刺激となります。また、サスペンスドラマならその後の展開と犯人を推理することが良い刺激になるでしょう。
これなら、リラックスしたくつろぎの中でできることですので一石二鳥ですね。

パートナーと会話する

テレビを見ながらでも会話はできます。テレビの内容について語り合うのも良いですし、テレビを消して別の話題で語らうもの良いでしょう。会話が脳の活性化に役立つことは間違いありません。

会話からの流れでより刺激的な時間を過ごす

会話が盛り上がってくれば、そろそろ就寝時間が近づいてきますね。そのまま寝てしまうのももったいない雰囲気になったなら、パートナーとの愛を確認する時間に突入です。他のページでも少し触れていますが、セックスが肉体的にも精神的にも刺激になることはいうまでもありません。記憶力のためにも良いことだといえるでしょう。

この際、仕事の疲れなどで元気がなくなってしまうようなことがあるとちょっと悲しいですね。一時的なものならあまり気に病むこともないのですが、この状況を放置すると記憶力どころか男としての自信をなくしかねません。それどころか、パートナーとの関係まで悪化するおそれがあります。
EDの心配がある場合は専門のお医者さんに助けを求めてください。バイアグラという効果の高いED治療薬を処方してもらえば、すぐにでも元気になるでしょう。

日常生活の中にも脳を刺激することができる場面はたくさんあるものです。工夫次第で記憶力を良くすることができるのですから、できるだけ有効に活用しましょう。

Copyright© 2014 c-pan.net All Rights Reserved.