記憶にも悪影響を与えるストレス

ストレスは苦労して覚えた物事を忘れさせてしまいます。何かを覚えようとする作業自体が苦痛となる場合もあるので、「自分は大丈夫♪」と思い込んでいる人であれ、無意識のうちに多くのストレスを抱え込んでいるものです。上手にストレスを散じなければ、記憶も効率的に進みません。精神的な病に繋がる恐れもあるので、気を付けましょう。

なぜストレスが悪影響なのか?

記憶に大きく関係する脳の部位、前頭葉は、ストレスがいっぱいになると、新しい物事を取り入れる力が低下します。「あれが気になる」「これが気になる」という状態で勉強や仕事に取り組んでも、決して成果は上がりません。

また、ストレスが溜まると、人間は一刻も早くそれから逃れようとして「睡眠」を求めがちです。眠ることで、せっかく固着しかけていた記憶が吹き飛ぶ危険もあります。

環境を変えてノーストレス

ストレスを減らすには、環境を変えるのが一番でしょう。もちろん、職場や学校などの場所をいきなり変えるのは困難です。しかし、なるべく「居心地の良い場所」とする工夫なら可能なはず。たとえば、パソコンでの長時間作業が苦痛ならば、目を休めるためにブルーベリーを摂ったり、ストレッチを行ったりする、など…。

ストレスが少ない場所では、勉強も仕事も捗るものです。「どうにもうまく物事が覚えられない」という人は、作業を行う場所自体に何か問題があるのかもしれません。

上手なストレス発散法とは?

すでに溜まったストレスを発散するための方法は、いくつでもあります。外で行うことならば、運動や友人との会話。あるいは、異性とのセックスもまた、憂鬱な気持ちを散じてくれます。インドアならば、お風呂にゆっくりと浸かる、アロマの香りを楽しむ、酒を嗜む…。要するにあなたの「好きなこと」を行えば、気分も簡単に変わるでしょう。

現代人は、誰もが何かにストレスを感じています。放置しておくと記憶力以外の面にも悪影響を及ぼすので、不満・不安を感じることがあればすぐに解決しておきましょう。

Copyright© 2014 c-pan.net All Rights Reserved.